ホーム » 任意売却の流れ » この記事

⑥契約の成立

握手する男性販売活動の結果、購入希望者が現れた場合、再度債権者等へ抵当権や差押えの抹消が可能かどうかの確認を行い、了解が得られれば、双方の条件を整理し売買契約を締結致します。
※居住中の場合、基本的には契約成立後から所有権の移転登記、代金決済までの間に引越しを完了させておく必要がありますので、ご留意下さい。
矢印(グリーン)