ホーム » 任意売却の流れ » この記事

④債権者等との交渉

電話する会社員不動産がいくらぐらいで売れるかが分かれば、次は抵当権を設定している債権者等との交渉です。不動産を売却するためには、抵当権や差押えを抹消しなければなりません。そこで最初に債権者等の了解を得ておく必要があるのです。またこの段階で引越し費用などの経費についても取り決めをしておきます。
※引越し費用が出るか否かは、債権者の考え方と任意売却申し出の時期により大きく変わります。
※競売申し立後の任意売却申し出は競売も並行して行われる場合がほとんどです。
矢印(グリーン)