ホーム » 競売までの流れ » この記事

競売の本質

競売とは?

困った女性4ところで今更ながら「競売」とはどういうものなのでしょうか?
裁判所が入札形式により、所有者の意志に関係なく、自宅や不動産を強制的に売却するのが「競売」です。
ではなぜ裁判所は「競売」を行なうのでしょうか?それは金融機関が差し押さえた不動産を換金するための手段だからです。お金を貸し付けた金融機関も取りっぱぐれてばかりでは経営もままなりませんし、世の景気を悪化させることにもつながります。
そこで差し押さえた不動産を換金するシステムとして「競売」という制度を設けたのです。そもそも換金のためのシステムですから、スムーズに換金されることを前提としていますので、そこに人間の感情を差し挟む余地はありません。落札され、所有権が移転されれば、あとはその所有者の意志に従わざるをえません。それが「競売」というものです。

,