ホーム » 任意売却とは » この記事

任意売却とは?

OL画像1「任意売却」って何?
「任意売却」とは、強制的に売却されてしまう「競売」ではなく、自分の意志で売却を行い、積極的に負債を圧縮していくことを言います。簡単に言うとそうなりますが、「任意売却」でどんなことが可能になり、果たしてどういうメリットがあるのでしょうか?
※詳細を以下で説明していますので、そちらをご覧下さい。
点々

,

任意売却で可能なこと

possibility of ninibaikyaku
<注意点>
※上記①②の実現にはいくつかの条件が整うことが必要になります。
※以下で上記4つの「任意売却で可能なこと」について説明しています。

,

可能なこと①-買い戻し

お客様の身内の方が現金もしくは住宅ローンを組んで買い戻すことです。身内の方が所有者となり、そのまま住み続けることが可能です。
<注意点>
※上記の実現にはいくつかの条件が整うことが必要になります。

可能なこと②-そのまま賃貸

お客様以外の第三者が取得し、それをお客様に賃貸します。所有者は変わりますが、毎月家賃を支払うことでそのまま住み続けることが可能です。将来的に身内での買い戻しも可能です。
<注意点>
※上記の実現にはいくつかの条件が整うことが必要になります。

可能なこと③-買取り

当社もしくは当社のつながりのある不動産会社が買取る方法です。この方法なら広く購入者を探す必要がなく、人に知られずに引渡しが可能です。

可能なこと④-通常に販売

通常に不動産を当社の仲介で販売します。「競売」よりも高値で売れ、残債務の圧縮ができ、引越し費用を捻出することも可能です。また引越しは購入者と相談のうえ決めますので、追い出されるという心配もありません。
点々

任意売却のメリット

任意売却のメリット
以上が考えられる主なメリットですが、一番のメリットは常に相談相手がいることではないでしょうか?もう不安な気持ちを抱え込む必要はありません。よりよい将来のために、今選択すべきことは何かを考えてみませんか?
※以下で上記5つの「任意売却のメリット」について説明しています。

,

メリット①-競売より高く売れる

「競売」は不動産会社の物件を仕入れルートとしての性格が強く、どうしても仕入れ価格で落札されるため、一般のお客さんが買うより安くなりがちです。これに対し「任意売却」の場合は一般のお客さんが購入の対象になりますので、「競売」より高く取引されることが一般的です。

メリット②-残債務が少なくなる

「競売」より高く売れるということは、それだけ多くの返済ができるということになりますので、結果的に返済しなければいけない残債務が少なくなります。つまり売却後の生活への負担が小さくなることにもつながります。

メリット③-計画的に引越しが可能である

「競売」後、入金が済むと物件の所有名義は変更されます。その後買受人がやって来て、速やかに出て行くようにと退去を促されます。仮に退去ができなければ、最終的には裁判所が強制執行で立ち退きを強制してきます。「任意売却」の場合は買主との話し合いで全てが進行しますので、立ち退きを強制されることがなく安心です。

メリット④-引越し費用がもらえる可能性がある

債権者(金融機関)は「競売」より回収が多く見込める「任意売却」を望んでいます。そのため「任意売却」を押し進めることを、所有者に認めてもらえるようにと引越し費用を出す場合があります。
※引越し費用が出るか否かは、債権者の考えと任意売却の申出の時期により大きく変わります。

メリット⑤-精神的負担が軽減される

「競売」は「家を取られる」。これに対し「任意売買」は「家を売る」ことです。どちらが精神的に辛いでしょうか?そして「任意売却」には我々という仲間がいます。分からないことは相談し、解決できます。独りで悩まず、心の負担を少し軽くするためにご連絡下さい。